紙袋の制作の際は小ロットのコスト面も確認しましょう

宣伝

購入するなら

看板

看板をお得に購入する場合、一度に大量仕入れを行ったほうが非常に安く済みます。大きな買い物なので送料も結構掛かってしまうので一度の注文で完了させるとその分経費を浮かせることが可能です。

制作依頼する際の注意点

看板

道を歩いていると洋服屋やどこかのオシャレなお店の紙袋を見たことあると思います。紙袋を見ただけで『どんなお店なのか』と思ったり、ブランド品では、お店の顔や広告宣伝にもなります。紙袋はお店の顔です。しかし紙袋にも様々な種類やデザインがあります。ましてや、オリジナルの紙袋を作るとしても、市販の紙袋ではお店のイメージとかけ離れていると思う方も少なくないと思います。そういった時に紙袋の制作会社に依頼することをオススメします。しかし、オリジナルの紙袋を制作するとしたら、デザインの大きさや紙袋の質や種類、印刷する時に使用する色数でも金額は変わってきます。ですが、今や、色々な制作会社があるので、そういった疑問を解決してくれる会社も多くあります。コストを抑える為にデザインのアドバイスや色の数を減らしてコスト削減に協力してくれる制作会社もあります。ですから、必ず、制作前には一度、制作会社に相談しましょう。メールや電話でも相談が可能な会社は多くあるので安心してください。コスト軽減が目的だと、ロットも必要になります。1回の決められた注文数のこと『ロット』といいます。数量によって呼び方がかわり、少ない注文を『小ロット』と言われます。会社によってロットの注文数は様々です。ロットはコストにも関わる大事なことです。小ロットだと、1枚あたりのコストが上がってしまって、コスト軽減には繋がりません。しかし、少ロットでもコストが変わらない会社もあります。制作依頼する際はロット数も確認しましょう。色々な印刷会社がありますが、いくつもの会社で検討して、良い会社を選んでいきましょう。

看板を選ぶ

男の人

立て看板を選ぶ時にはどの形状にするかを決めなくてはなりません。それは、目的や企業イメージ・経費・業種と言った面から考えて、じっくりと決定する事が大切です。よくあるのは、自社で作成していたり受け取っているポスターを貼り付けるタイプです。

多彩な用途

カタログスタンド

カタログスタンドは大きな特徴があります。情報を発信するには多くの方法がありますが、カタログスタンドを使用することで、カタログなどの印刷物が非常に見やすくなり、印刷物の効果を抜群に引き出してくれます。